マクサルトのジェネリック医薬品リザクト

マクサルトのジェネリック医薬品『リザクト』はいつ発症するかかわからない片頭痛(偏頭痛)からくる痛みを改善する治療薬です。

片頭痛が発症するメカニズムは、頭の中の血管が広がることで頭痛が発症します。
片頭痛が原因で、吐き気や嘔吐を起こしてしまう人もいます。
個人差はありますが、片頭痛が起こる前に、目の前がチカチカする現象が前兆であらわれることもあります。

マクサルトやジェネリック医薬品のリザクトは片頭痛があらわれたときに、服用する事で頭の中の広がった血管を収縮させることで痛みを緩和させてくれます。

服用後は、すぐに効果があらわれるので、片頭痛の痛みが発症してからでも、十分効果が得られます。

有効成分は安息香酸リザトリプタンでマクサルトと同様です。
安息香酸リザトリプタンは神経伝達物質に直接働きかますので、片頭痛の痛みの症状を解消します。
有効成分である安息香酸リザトリプタンは、痛みを和らげたり、解消をすることはできますが、偏頭痛の原因を治すことはできません。
マクサルトジェネリックのリザクトの効果・効能

片頭痛とは主に頭の片側(両側の場合もあります)に発生する痛みで、こめかみ周辺から目にかけて起こるケースが多いです。
個人差はありますが、痛みは数時間から数日続く場合もあります。
時間が経つことで症状は和らぎ、痛みも治まります。

日本人の成人の約8%が片頭痛に悩まされています。
男性よりも女性の方が圧倒的に多いと言われています。
なかでも30代の女性に多く、5人に1人が片頭痛持ちと言われるほど多くの方がこの痛みを経験しています。
痛みが発症すると、動くこともつらいほど日常生活に影響を与えてしまい、吐き気をもよおすケースもあります。
また片頭痛を引き起こす原因には
・過労や精神的ストレス
・睡眠不足や運動不足
・不規則な生活習慣
・女性ホルモンの分泌バランスの低下
などが関係していると考えられています。

有効成分の安息香酸リザトリプタンはセロトニン-1(5-HT1)受容体作動薬と言われています。
広がった血管を収縮させる働きと、血管周囲の炎症を緩和させる作用で、片頭痛の痛みを抑えてくれます。

マクサルトやリザクトは片頭痛の予防薬ではありません。
片頭痛の痛みが出たときの治療薬です。
痛みが出てから服用することで、痛みを緩和させてくれます。

有効成分の安息香酸リザトリプタンの臨床試験によると、
早期に服用したときの頭痛の痛み消失率は72%、
重度の片頭痛での服用をした場合、15分後には片頭痛の痛みがが和らぎ、45分後には片頭痛の痛みが治まったという、データが出ており、即効性と高い効果が証明されています。